野球関連の色々

スプリットとフォークの違いって何?? 分かりやすく解説!!

メジャーで活躍する大谷翔平や田中将大が決め球に使う「スプリット」。

いつの間にかでてきたこの球種。

途中までストレートの軌道で球速もあり、ベース直前に鋭く落ちます。

昔、日本のプロ野球で落ちる球と言えば「フォーク」でした。

 

では、この「スプリット」と「フォーク」って何が違うんでしょうか??

なんとなく知っているっていう方も多いと思いますが、意外としっかり説明できる人は少ないのではないでしょうか?

今回は、この「スプリット」という球種、そして「フォーク」との違い?をまとめてみました!!

 

 

スプリットとは? スプリットとフォークの違いは??

 

スプリットの正式名称は、スプリットフィンガー・ファストボール。

以前、日本では頭文字をとって「SFF」とも呼ばれていましたが、ここ最近は「スプリット」と呼ばれています。

今回、一通り調べてみたところ、以下の解釈で間違いないようです。

 

「スプリットとは、落差が小さく、球速が早いフォークのこと。つまり高速フォーク」

 

元々、人差し指と中指でボールを挟んで投げることで、ボールの回転を少なくし、打者の手元で落差がでる変化球のことを日本では「フォーク」と呼んでいますが・・・

フォークよりも少し浅めに挟むことで、回転数が増え、フォークよりも球速が早くなる。

それがスプリット。

 

↓フォークの握り

 

 

↓スプリットの握り

 

また、メジャーではフォークボールという呼び方はなく、挟んで落とす球全般をスプリットと呼びます。

なので、フォークとスプリットの2つの区別があるのは日本だけなんですね。

そしてその違いは、主に球速と落差ってことでした。

 

大魔神と呼ばれた佐々木投手がフォークボールで有名でしたが、その球の回転はほぼ無回転に近く、かなりの落差があり、球速もあまり早くはなかった。

そのため、近年の日本人が投げる落ちる球は、球速が早く落差も小さいため、その多くはスプリットと言えるでしょう。

 

 

なぜ、メジャーではスプリットが有効なのか?

 

大谷翔平や田中将大のスプリットが1級品であることもありますが、メジャーの強打者たちが、どうしてこうもバットが空を切るのか?

その理由は単純で、メジャーではスプリットを投げる投手が少ないから。

そのため、バッターもあまり慣れていないということです。

 

ただ、メジャーでも以前はスプリットを投げる投手が多くいたようですね。

かつて史上最多の7度のサイ・ヤング賞を獲得したロジャー・クレメンスらが有名です。

 

ではなぜ途中からスプリットを投げる投手が絶滅したのか?

 

それは、「スプリットを投げると肘を故障しやすい」という定説が広まったからだそう。

 

 

スプリットは肘を故障しやすい??

 

一時期、スプリットを得意とする投手の故障が相次いだことから、その定説が広まったようですが、現在では、「スプリットを投げると故障する」というのは極端だという解釈になってきているようです。

スプリットを投げる際に、肘に負担がかかりやすいという点については、決定的なデータは出ておらず、やはりその投手のフォームに原因があるという見方が強いそう。

実際に、黒田投手や上原投手はケガをしていませんしね。

また、メジャーの球団でも、スプリットは肘に負担がかかるという考えは古いという考え方が増えてきているとのこと。

 

また、メジャーの投手がスプリットを投げる時代が来るかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

違いが分かってスッキリして頂けたでしょうか??

 

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

※最後に、大谷翔平のスプリットの動画をどうぞ。

 

注目のスーパー中学生達の気になる進路は??

以下のページでは全国の高校野球強豪校スカウト達が注目する「スーパー中学生」の情報をまとめてあります!

それぞれの選手が、果たしてどの高校野球強豪校に進むのか・・・

おそらくこのページに載っている選手たちは来年の夏の甲子園に出ている可能性も!!

スーパー中学生のまとめ記事はこちら↓↓

あわせて読みたい
《中学野球》注目選手の進路はどうなる?? 全選手一覧まとめ!!本メディアでは、全国の中学野球、U-15野球日本代表に注目し・・・ その進路が注目される各注目選手の情報をピックアップしてきました...

>>>《中学野球》注目選手の進路はどうなる?? 全選手一覧まとめ!!