強豪校メンバーの出身中学(2018)

八戸学院光星 野球部メンバー(2018)の出身中学・シニア!! 注目選手も紹介!!

今年、夏の甲子園 青森県大会で優勝を果たし、見事甲子園出場の切符を手に入れたのが「八戸学院光星」。

今回は、この八戸学院光星 野球部メンバーについてのご紹介です。

 

八戸学院光星といえば、東北勢の強豪校の中でも上位に入る青森の名門。

巨人で活躍する坂本勇人選手、阪神の北條史也選手、千葉ロッテの田村龍弘選手らの母校でもあります。

特に北條選手・田村選手を擁した時代は史上最強世代と呼ばれ、2011年夏、2012年春、2013年夏と3季連続で甲子園大会準優勝を果たしました。

 

この世代であれば東北勢初の優勝も現実にっ!!と思っていましたが、この時、東北勢初の優勝を阻止したのは、当時大阪桐蔭のエースだった藤浪晋太郎投手(現:阪神タイガース)でした。(なんとも不運。。)

 

まあ、相手が藤浪投手であれば、仕方ないです。(笑)

 

今年の八戸学院光星も例年通りかなり良いチームに仕上がっているようですね。

そこで、今年の八戸学院光星 野球部メンバーの出身中学や出身シニア、さらには注目選手についてもまとめてみましたので、どうぞご覧ください!!

 

 

八戸学院光星 野球部メンバーの出身中学・シニア

 

※夏の甲子園(2018) ベンチ入り登録メンバーです。

(背1) 福山 優希 (投) 3年  八戸市市川中(青森) / 八戸東シニア

(背2) 秋山 龍生 (捕) 3年  取手市戸頭中(茨城) / 荒川シニア

(背3) 但井 智哉 (内) 3年  岩美町岩美中(鳥取) / 鳥取中央シニア

(背4) 近藤 俊太 (内) 3年  横浜市秋葉中(神奈川) / 横浜旭峰阪ポニー

(背5) 下山 昂大 (内) 2年  弘前市第四中(青森) / 弘前白神シニア

(背6) 武岡 龍世 (内) 2年  吉野川市鴨島第一中(徳島) / 徳島ホークス

(背7) 東 健太郎 (外) 3年  堺市上野芝中(大阪) / 和泉ボーイズ

(背8) 長南 佳洋 (外) 3年  郡山市安積中(福島) / 郡山ボーイズ

(背9) 矢野 虎弥 (外) 3年  大阪産業大附中(大阪) / 大阪城東シニア

(背10) 中村 優惟 (控) 3年  久慈市長内中(岩手) / 中学軟式

(背11) 成田 太一 (控) 3年  柏原市玉手中(大阪) / 柏原シニア

(背12) 松谷 隆誠 (控) 3年  藤井寺市藤井寺中(大阪) / 羽曳野ボーイズ

(背13) 吉田 和永 (控) 3年  松原市松原第六中(大阪) / 河南シニア

(背14) 島袋 翔斗 (控) 2年  那覇市古蔵中(沖縄) / 志村ボーイズ

(背15) 豊田 勝利 (控) 3年  茨木市南中(大阪) / 中学軟式

(背16) 伊藤 大将 (控) 2年  寝屋川市第九中(大阪) / 寝屋川中央シニア

(背17) 北林 英治 (控) 3年  甲賀市土山中(滋賀) / 湖東シニア

(背18) 太山 皓仁 (控) 2年  大阪市加美南中(大阪) / 中学軟式

 

 

青森県内出身者はわずか2名のみで、東北県内出身者を含めても4名。

その他、すべて他県かつ東北以外の出身ですね。

ちょっと寂しい気がしますが、元々、八戸学院光星の監督やコーチ陣は以前から関西とパイプが強い方達なので、

こういった形になっているのだと思います。

大阪出身の選手が8名もいますからね。

ちなみにあの坂本勇人も関西出身です。

いわゆる野球留学の傾向が強い高校ですが、レギュラーに2人、青森県内出身者がいるのが嬉しいですね。

 

 

※夏の甲子園 地方大会2018 (青森県大会)の登録メンバーです。

 

(背1) 福山 優希 (投)  3年  八戸市市川中(青森) / 八戸東シニア

(背2) 秋山 龍生 (捕)  3年  取手市戸頭中(茨城) / 荒川シニア

(背3) 但井 智哉 (内)  3年  岩美町岩美中(鳥取) / 鳥取中央シニア

(背4) 近藤 俊太 (内)  3年  横浜市秋葉中(神奈川) / 横浜旭峰阪ポニー

(背5) 下山 昂大 (内)  2年  弘前市第四中(青森) / 弘前白神シニア

(背6) 武岡 龍世 (内)  2年  吉野川市鴨島第一中(徳島) / 徳島ホークス

(背7) 東 健太郎 (外)  3年  堺市上野芝中(大阪) / 和泉ボーイズ

(背8) 長南 佳洋 (外)  3年  郡山市安積中(福島) / 郡山ボーイズ

(背9) 矢野 虎弥 (外)  3年  大阪産業大附中(大阪) / 大阪城東シニア

(背10) 中村 優惟 (控)  3年 久慈市長内中(岩手) / 中学軟式

(背11) 後藤 丈海 (控)  2年 大阪市城陽中(大阪) /大阪城東シニア

(背12) 松谷 隆誠 (控)  3年 藤井寺市藤井寺中(大阪) / 羽曳野ボーイズ

(背13) 近藤 遼一 (控)  2年 桜井市桜井西中(奈良) / 橿原コンドルボーイズ

(背14) 島袋 翔斗 (控)  2年 那覇市古蔵中(沖縄) / 志村ボーイズ

(背15) 豊田 勝利 (控)  3年 茨木市南中(大阪) / 中学軟式

(背16) 伊藤 大将 (控)  2年 寝屋川市第九中(大阪) / 寝屋川中央シニア

(背17) 北林 英治 (控)  3年 甲賀市土山中(滋賀) / 湖東シニア

(背18) 吉田 和永 (控)  3年 松原市松原第六中(大阪) / 河南シニア

(背19) 山田 怜卓 (控)  2年 向日市寺戸中(京都) / 京都東山ボーイズ

(背20) 太山 皓仁 (控)  2年 大阪市加美南中(大阪) / 中学軟式

 

 

八戸学院光星 野球部 注目選手の紹介!!

 

注目選手はこちら!

(背6)武岡 龍世 2年生 (遊撃手)

 

 

生年月日:2001年5月28日

出身地:徳島県鴨島町(現:吉野川市)

小学校時代は徳島ホークスに所属し、6年生時に全国少年野球大会で優勝。

中学1年生時にはカル・リプケン少年野球世界大会日本代表に選出。

 

巨人の坂本勇人に憧れて、四国の徳島から青森へ。

部員数も多い強豪の八戸学院光星で1年春から公式戦デビュー。

仲井宗基監督も武岡選手の能力には驚きをかくせず、こんなに早い時期に1年生を試合で使ったのはここ数年記憶にないと言わしめたほどの逸材。

参照記事:日刊スポーツ nikkansports.com(2017年5月17)「八戸学院光星にスーパー1年生武岡 坂本勇人に憧れ」

 

ショートを守る背番号6の選手が武岡選手。

守備が文句なしにうまい。グラブの使い方が天才的に柔らかくて惚れ惚れします。

甲子園でのプレーが楽しみですね。

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか??

青森県の強豪、八戸学院光星 野球部メンバーの出身中学や出身シニア、注目選手についてお伝えさせて頂きました。

どこまで強くなるか楽しみですね!!

また、高校野球ファンのあなたにお勧めの記事はこちら↓↓

甲子園出場回数・優勝回数を調べてみました!!

あわせて読みたい
夏の甲子園 出場回数&優勝回数ランキング!!意外なデータが明らかに?? 今回は、夏の甲子園大会における、歴代の出場回数と優勝回数を調査してみました。 僕が以前、コンビニで雑誌か何...

>>>夏の甲子園 出場回数&優勝回数ランキング!!意外なデータが明らかに??

 

今回も最後までお読み頂いて、ありがとうございました。

注目のスーパー中学生達の気になる進路は??

以下のページでは全国の高校野球強豪校スカウト達が注目する「スーパー中学生」の情報をまとめてあります!

それぞれの選手が、果たしてどの高校野球強豪校に進むのか・・・

おそらくこのページに載っている選手たちは来年の夏の甲子園に出ている可能性も!!

スーパー中学生のまとめ記事はこちら↓↓

あわせて読みたい
《中学野球2019》注目選手の進路が確定!! 全選手一覧まとめ!!本メディアでは、全国の中学野球、U-15野球日本代表に注目し・・・ その進路が注目される各注目選手の情報をピックアップしてきました...

>>>《中学野球》注目選手の進路はどうなる?? 全選手一覧まとめ!!